本文へ移動

ヘルパンギーナ

ヘルパンギーナ

乳幼児のあいだで流行する夏かぜの一種で、38~40℃の高熱が1~2日続き、スッと解熱します。咳や鼻水はほとんど出ません。しかし、のどの奥に小さな水ぶくれができて痛いので、食事が取りづらくなります。そのためひどいときは水分も飲めなくなり、脱水症になることがあるので注意が必要です。
水分があまり取れないときや高熱が3日続くときは再度受診してください。

画像クリックすると拡大して見れます。

4
7
8
6
1
8
TOPへ戻る