丸亀市 小児科 もりもとこどもクリニック

qrcode.png
http://morimoto-kodomo-clinic.com/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
 

嘔吐下痢症

 

嘔吐下痢症

嘔吐下痢症
 

      嘔吐下痢症


 乳幼児の嘔吐下痢症の最も主要な原因ウイルスはノロウイルスとロタウイルスです。11月頃にはノロウイルスが原因として多く、3月頃から春先にかけてロタウイルスが流行します。主の小児の感染症ですが、ノロウイルスは集団生活をされている高齢者も注意を要する病気です。典型的な症状は、いきなり嘔吐から始まり、38度くらいの発熱を伴い、下痢を発症してきます。3日から一週間の経過で回復します。

 
ロタウイルス感染症
生後6 ヶ月から2 歳の乳幼児に多くみられ、5 歳までにほとんどの小児が経験する病気で、ノロに比べ成人の発症は少ない印象があります。主な症状は嘔吐と下痢ですが、ノロウイルスよりも発熱を伴う場合が多く、重症感が強い病気です。米のとぎ汁のような白色の下痢便が特徴で、そのため白痢あるいは仮性小児コレラとも言われていました。通常1歳を中心に流行がみられますが、保育所、幼稚園、小学校などの小児や、病院、老人ホーム、福祉施設などの成人でも集団発生がみられることがあります。潜伏期間は約2 日で、激しい嘔吐(1 日5,6 回)、激しい下痢が特徴ですが3~8 日程度で治まります。発熱は40度になる事もありますが多くは2〜3日で回復します。

激しい嘔吐や下痢により急激に水分を失いますので、特に乳幼児では脱水症状に気をつける必要があります。また、腎不全も一部の子どもが併発することがあります。ロタウイルスのように胃腸の局所に感染を起こし潜伏期間が短い感染症では、感染後の免疫が不完全かあるいは免疫が成立しても持続しない(1年以内)ことが考えられ、再感染を起こします。

 脱水症を防ぐためには、市販のイオン飲料等で水分を補給する必要があります。少しずつ何度も飲ませてあげましょう。飲んでも吐いてしまう場合は、 早めに医療機関を受診してください。下痢止め薬は、病気の回復を遅らせることがあるので使用しません。

 現在、このウイルスに効果のある抗ウイルス剤はありませんが、ワクチンにより予防が可能となっています。


ノロウイルス感染症

 ロタウイルス感染症と同様に嘔吐や下痢の症状をきたす冬の感染症です。主に10 月下旬から1月にかけて流行する病気です。子どものみならず成人も罹ることがあります。特に抵抗力の落ちたご高齢の方が注意を要する病気です。

 手洗い、うがいの励行が大切です。

 

嘔吐下痢

嘔吐下痢
 
当​院​
第​2​駐​車​場​
【小児科】
医療法人社団美春月会
もりもとこどもクリニック

〒763-0082
香川県丸亀市
土器町東四丁目713-5
TEL.0877-25-9228
FAX.0877-21-5861

───────────────
小児科医院
───────────────
142803
<<医療法人社団美春月会 もりもとこどもクリニック>> 〒763-0082 香川県丸亀市土器町東四丁目713-5 TEL:0877-25-9228 FAX:0877-21-5861